相談・困りごと

 

■心配ごと相談 「広報おおの」にも掲載しております。

住民の困りごとなどについて、心配ごと相談所および弁護士による法律相談所を無料で開設しています。

 

■人権相談  

 日 時:第1火曜日 午後1時から3時  

 場 所:大野町福祉センター1階 会議室   

 相談員:人権擁護委員、民生委員・児童委員  ※予約不要・先着順

 

■行政相談  

 日 時:第2火曜日 午後1時から3時

 場 所:大野町福祉センター1階 会議室

 相談員:行政相談委員、民生委員・児童委員  ※予約不要・先着順

 

■弁護士相談 

 日 時:第4火曜日 午後1時から3時(1人20分)※要予約(祝祭日の場合は第3火曜日)

 場 所:大野町福祉センター1階 会議室

 ※大野町社会福祉協議会 TEL:34-2130にて予約を受付けておりますので、お問合せください。

 


 

■生活福祉資金貸付事業

低所得者世帯、障がい者世帯、高齢者世帯に対し、資金貸付相談と償還援助指導を行ないます。

 

※ 新型コロナウイルスにかかる生活福祉資金の特例対応について

 緊急小口資金、 総合支援資金(初回貸付、再貸付)の 受付期間が「令和3年11月末まで」に延長となりました。

【貸付の概要】

〇緊急小口資金(新型コロナウイルス感染症特例)

 新型コロナウイルス感染症の影響を受け、休業等により収入の減少があり、緊急かつ一時的な生計維持のための貸付を必要とする世帯を対象とする。

〇総合支援資金(生活支援費)(新型コロナウイルス感染症特例)

 新型コロナウイルス感染症の影響を受け、失業等により生活に困窮し、日常生活の維持が困難となっている世帯を対象とする。

 

 詳しくはこちら →  特例設置の概要パンフレット (PDF514KB)

 

【郵送でのお申し込みのご案内】 ※緊急小口資金のみ (総合支援資金は郵送申込不可)

 窓口での申込受付のほか、郵送による申込も受付しています。郵送での対応をご希望される方は下記リンク内の「緊急小口資金(新型コロナウイルス感染症特例)」欄にある「申請に必要な書類」より申請書類をダウンロードいただき、必要事項を記入し、提出書類を確認の上、大野町社会福祉協議会まで郵送してください。※書類の不備等によりお時間をいただく場合がありますのでご了承ください。

 申請書類ダウンロード →  岐阜県社会福祉協議会 福祉資金貸付ホームページ

 

※本制度は生活再建を目的として相談支援と貸付を同時に行うもののため、生活状況等の詳細な聞き取りと支援に、日数をいただく場合もありますので、ご了承ください。


 

■福祉サービス利用援助事業

認知症高齢者・知的障がい者・精神障がい者の方で、判断能力が不十分な方が、地域において自立した生活が送れるように、専門員や生活支援員と連携を取りながら相談や支援に応じます。

 


 

■生活困窮者自立相談支援事業

生活困窮者の早期発見支援を、県福祉事務所・大野町役場との連携で、包括的・継続的な支援を行なうことにより、早期自立を支援します。